内職と在宅ワーク内職も在宅ワークも呼び名が違うだけで、自宅でする仕事という意味では同じだと思っていませんか?
確かにどちらも自宅でする仕事ですが、その仕事内容が異なります。
まず内職の場合は、手作業です。
例えば、封筒貼や、割り箸を袋に詰めるなどの、ひたすら単調な作業の繰り返しとなります。
割り箸を袋に1つ詰める単価は1銭で、1時間ひたすら詰めても、時給換算するとわずか300円にしかならない。
そんな内職は珍しくありません。最低賃金は残念ながら内職には適応されないのです。
外で働けないから安い賃金でも仕方がなく働く、以前はこのような内職を睡眠時間を削って行う主婦も珍しくありませんでした。

しかしそこに登場したのがパソコンを使った在宅ワークです。
パソコンを使った作業は、極端な話、会社で同じ作業をしたとしても、さほど効率に違いはありません。
もちろん派遣社員などで、データ入力の仕事も存在し、派遣社員の場合は作業量ではなく、時給で支払われています。
そして時給も1000円前後となっているでしょう。
対して、もし同じ仕事を在宅ワーカーが請け負ったとしたら、作業量で単価が発生し、時間換算すると800円程度となります。
職場で働く、自宅で働くという違いしかありませんが、やはりまだ職場で働く方が賃金は優遇されています。

それでも内職の時給換算300円と比べると、在宅ワークは単価がアップしたと言えるでしょう。
ですから、内職を選ぶ人よりも、在宅ワークを選ぶ人の方が現在は圧倒的に多いと言えるでしょう。
仕事を探す方法も、内職はなかなか見つけること自体が難しいですが、在宅ワークなら専用のサイトで見つけられます。

女性だって副業をするのが珍しくない時代

女性今は女性だって副業をするのが珍しくない時代になっています。
少しでも収入を得たいという人や、生活を楽にするため、貯蓄をするためなどといった理由で副業をしているのです。

そして、以前は副業というと、昔ながらの内職が定番になっていましたが、最近は女性でも様々な副業があります。
ただ、外で働く場合、どうしても本業との時間の兼ね合いが生じてしまいますので、副業を続けることができなくなってしまうというケースが多いです。

その点、自宅でインターネットを使った副業であれば、納期内であれば自分のペースで作業をすることができるので、最近働いている女性や主婦の間で人気になっています

育児や家事、介護などをしていて、空き時間が限られてしまっているとしても、自宅であれば24時間いつでも働くことが出来るという点もメリットと言えるでしょう。
ただし、副業をするのであれば、自分の生活スタイルや作業をすることが出来る時間を考慮して、無理がないように作業ペースを決めるようにしていくようにしましょう。

その女性から人気になっている副業として人気になっているものの一つとして、ライティングが挙げられます。
クライアントから依頼されたキーワードに従って、数百文字の記事を作成していくという仕事内容になっています。
そこまで文章力が求められるわけでもないですから、1時間あたり数百円は稼げるようになるでしょう。
他の副業を見るともっと稼げる仕事内容もありますが、淡々と短時間で一つを終わらせることが出来る副業のほうが結果として稼ぎやすいですし、負担も軽くなります。